AX

生命保険見直しアドバイス > 生命保険種目 > 終身保険

生命保険種目

終身保険

保険期間を定めず、生涯にわたって保障される保険

死亡した場合必ず保険金が支払われるので、定期保険と比較すると保障される金額に対する保険料が割高である。

途中解約をした場合に解約返戻金が出ることが多いが、通常は払い込んだ保険料の総額よりは少なく、また契約してからの経過年数が短いほど返戻金は少ない。解約返戻金の増減は、払込期間をどのように設定するかによって大きく変わる。

60歳で保険料を全て払い込む形(払込期間60歳)にした場合、おおむね60歳前後で払い込んだ保険料よりも解約返戻金のほうが多くなる。

保険料を上回るタイミングが60歳より前に来るか、後に来るかは、金利(予定利率)よりも、保険会社の経費(予定事業費率)の影響が大きい。

したがって一般に「金利(予定利率)が高いときの終身保険契約はお得」と言われるが、60歳前後で解約した場合、低金利時より保険料が安いというだけで、最終利回りとしては、あまり高金利のメリットは得られない。

また、60歳以降から数年は勢いよく解約返戻金が増加するが、70歳を超えると責任準備金としてプールされる金額が減り、かえって死亡保険料として取り崩される金額が増えるので、解約返戻金の伸びは鈍る。

<<定期保険 | 生命保険見直しアドバイストップへ | 養老保険>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。