AX

生命保険見直しアドバイス > 生命保険効用 > 独身者向け生命保険

生命保険効用

独身者向け生命保険

若い人にとって自分が死ぬことや老後はイメージしにくいでしょう。

しかし、誰にでもいつか必ずやってくるものです。

いずれ必要になる保障(資金)を、お金に自由が効く今から準備しておくと保険料負担も少なくて済みます。

いちばん最初に入る保険として、まず終身保険を選びましょう。

終身保険は保障機能と貯蓄機能の両方を備えています。
この終身保険は一生モノになります。

結婚して大きな保障が必要となる時には、独身時代に入った終身保険をベースに、定期保険や収入保障保険などを必要な額・必要な期間上乗せし、保障を大きくします。

お子様が独立してそれほど大きな保障が要らなくなれば、終身保険を葬儀費用くらいを残して部分解約すれば、解約返戻金を受取り、老後の生活資金として使えます。

終身保険は保険料の払込みが終わる頃には、支払った保険料以上の解約返戻金が貯まっています。

終身保険は何10年か先のリタイアした時の自分のために、若いあなたが今からできる自分への投資なのです。

病気やケガ入院の備えは年齢に関係なく必要です。
医療保険には若くて保険料の安いうちに、終身タイプのものに入っておくことをお勧めします。





<<養老保険 | 生命保険見直しアドバイストップへ | 新婚向け生命保険>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。