AX

生命保険見直しアドバイス > 生命保険種目 > 定期付終身保険

生命保険種目

定期付終身保険

日本系の生命保険会社で、生命保険に入った人ならたいていの場合、この保険に加入していると思います。

定期付終身保険とは、終身保険という本体部分に、定期保険と言う掛け捨て保険を特約として追加した保険です。
このタイプの保険の何が問題かと言うと、ほとんどの場合には「更新型」になっていることです。

まず、生命保険に加入して10年くらいで更新を迎えます。すると、保険料が2倍くらいになります。

さらに、10年くらいするとまた更新を迎えます。すると、またまた保険料が2倍になります。

という感じで、10年毎に更新を迎えてそのたびに支払い保険料がどんどん上がっていきます。

契約当初の支払いは一ヶ月に1万円程度です。でも10年後・20年後に更新した際には、保険料の支払いが倍倍に増えていって、一ヶ月に4万円以上になってしまうのです。

その頃には、働き盛りで、子供が中学生だったりして生命保険を辞めることはとてもできなかったりします。年齢的にも新規の生命保険に入るのは難しいような気もします。

気が付いたら、保険会社に大金を献金することになってしまうわけです。

普通の人は、10年目か20年目にはさすがにおかしいと気が付きます。

そこで、担当のセールスの人に相談するわけです。

「保険料負担がつらいので、もう少し安くできないか?」と。

これは大チャンス到来!ですね。営業の人にとっては!

もし、この保険の終身保険部分が予定利率の高い保険なら、転換させて低い予定利率の保険に変更すれば保険会社にとっては大きなメリットになります。

もし、そういう保険でないとしても、保険金額や特約をいじることによって、変更契約や転換を行えば、新しく自分の成績になります。

つまり、「更新型」とは、保険会社にとって二つのメリットが生じるありがたい保険なのです。

1).当初の支払い額を抑えることができるので、最初の契約を取りやすくして、その後に高い保険料支払いに誘導することができる。

2).10年毎に更新があるので、そのたびにセールスのチャンスがある。逆ザヤ保険の場合には、その時に転換させることができる。

この仕組みを考え付いた人は天才です。

<< 生命保険加入きっかけ | 生命保険見直しアドバイストップへ | 生命保険会社安心度>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。