AX

生命保険見直しアドバイス > 生命保険業界 > がん保険

生命保険業界

がん保険


「がん」という特定の病気に関しての補償が,さまざまな角度から充実している保険が,がん保険です。

このがん保険にはいろいろな特徴があります。

まず,がん保険というものは,最初に一時金と呼ばれるまとまったお金が出ます。

これは,がんであると医師に診断された場合や入院をした場合などに,比較的早い段階で,がん保険により一時金を支給することによって,がん保険の被保険者に,健康保険の対象外の先進医療や民間医療などを選ぶ余裕を持たせることができるようになっているのです。

がん保険の給付金は,入退院をくり返しても支払われるということも,がん保険の特徴です。

がん保険では,支払いの限度日数が設けられていません。

つまり,がんで入院をした場合には,入院した日数の給付金を受け取ることができるので,長期の入院や入退院をくり返す時にも安心の保障となっています。

がん保険の加入の対象となるのは,初めてがんにかかった人なので,既にがんだと診断されたことがある人はがん保険に加入することはできません。

また,3ケ月ほどの待機期間がある場合が多いので,この間にがんだとわかった場合にはがん保険の加入が無効になってしまうので
注意が必要です。


<<掛け捨て生命保険 | 生命保険見直しアドバイストップへ | 生命保険は義理で入るものではない。>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。