AX

生命保険効用

生命保険の必要性

生命保険とは将来に自分自身が身体的に障害などを受けてしま
った場合の経済的なカバーを目的とした保険です。


生命保険は非常に高額なものです。一般の人にとっては持ち家の次に高い商品とまで言われています。


ですが、その内容は複雑で良く内容を理解できないままに保険の勧誘員などに勧められて契約している方が多いのではないでしょうか。


社会人になったら保険は入るもの。生命保険は家族への愛の証。

などと言った形で勧誘された方も多いかと思いますが、これらの言葉を真に受けてしまってはいけません。


生命保険に入らなくても実は私たちにはいくつかの保険に自動的に加入しているのです。


会社で加入してます健康保険の傷病手当金、労災保険、遺族年金等。

それらのサービスだけでもそこそこのサービスが受けられるかもしれません。

しかし、そうはいっても最近ではこれだけで十分な金額が受け取れるとは限りません、今の現状を把握し生命保険への加入も検討するべきです。


そのときに必要なのが実際の見積もりでしょう。実際に自分が死んだあとにどれだけのお金が生活に必要なのか、子供の養育にはどの程度の費用がかかってくるのかなどと言ったことです。


そこのところは只、加入すればいいという事ではなく是非、信用のおける知識の豊富なプランナーなりに設計してもらいましょう。

生命保険効用

終身保険で葬式代節約



さて、どういうことなのでしょうか?

早速、ある会社の保険を例にとり、見てみましょう。

(例)
30歳、女性、終身保険死亡保障300万円、40歳払込。

保険料 約1万3千円 

10年間の支払い総額 約155万円

皆さん、お分かりですね。

毎月、1万3千円を10年支払えば、合計155万円です。

人間はいつか必ず亡くなります。

ということは、必ず300万円はもらえるということです。

つまり、155万円で300万円の死亡保険を買ったことになります。
(10年以内で亡くなった場合は、155万円以下になります)

約半額で、お葬式代が出ました。

お得だと思いませんか?

もちろん終身保険ですので、いつ亡くなられても、300万円出ます。

また、生きているうちに使いたいのであれば、たとえば、65歳時解約したら、215万円戻ってきます。

これでも、損はしていないです。

155万円支払って215万円ですから。

又、サラリーマンの方でしたら、年末調整の控除の対象になりますから、二重にお得です。
(但し、一定の保険料を超えた場合は対象になりません。)

皆さん、1本、終身保険を持っておきましょう。


生命保険効用

新婚向け生命保険

今後の生活設計の基盤となる保障と月々の生活費をカバーすることが、保険見直し・保険選びのポイントです。

お子様がまだいらっしゃらないうちは子供に対する保障(養育費・教育費など)が必要ないので、あまり高額な死亡保障は必要ありません。

まずは、病気やケガに備えて医療保険を充実させましょう。終身型の医療保険がお勧めです。

これから出産・住宅購入など人生の大きな大きなイベントがあることでしょう。出産後は奥様が職場復帰するのか、専業主婦になるのかでも収支が大きく変わってきます。

ライフプランをしっかり考え、無理のない内容にしましょう。お子様が生まれたらまた見直しましょう。

共働きの場合には・・・
奥様の収入が家計費の中でどれだけの割合を占めるかによって、それぞれの保障額は変わってきます。

生活費を按分して、ご夫婦それぞれで保険に加入するようにしましょう。

収入に応じて保障重視、医療重視のバランスを考えましょう。
医療保険はご夫婦とも終身型を確保しましょう。

生命保険効用

独身者向け生命保険

若い人にとって自分が死ぬことや老後はイメージしにくいでしょう。

しかし、誰にでもいつか必ずやってくるものです。

いずれ必要になる保障(資金)を、お金に自由が効く今から準備しておくと保険料負担も少なくて済みます。

いちばん最初に入る保険として、まず終身保険を選びましょう。

終身保険は保障機能と貯蓄機能の両方を備えています。
この終身保険は一生モノになります。

結婚して大きな保障が必要となる時には、独身時代に入った終身保険をベースに、定期保険や収入保障保険などを必要な額・必要な期間上乗せし、保障を大きくします。

お子様が独立してそれほど大きな保障が要らなくなれば、終身保険を葬儀費用くらいを残して部分解約すれば、解約返戻金を受取り、老後の生活資金として使えます。

終身保険は保険料の払込みが終わる頃には、支払った保険料以上の解約返戻金が貯まっています。

終身保険は何10年か先のリタイアした時の自分のために、若いあなたが今からできる自分への投資なのです。

病気やケガ入院の備えは年齢に関係なく必要です。
医療保険には若くて保険料の安いうちに、終身タイプのものに入っておくことをお勧めします。





生命保険効用

独身者生命保険

今後、あなた自身が困ることは何か?を見つけ

ることが、生命保険保障を見直しするポイント

です。

 
・あなたが亡くなった場合、遺族に対する死亡保

 障の必要性は?→あまりない(低い)

・今後、あなた自身が困ることは何ですか? →

 自分が入院したとき

・必ず必要になる保障内容とは何でしょう? →

 入院保障と自身の葬儀代そして老後の生活資金


そこで独身の方にお薦めの生命保険保障とは


終身保険

貯蓄性も兼ねており老後資金等に役立てることも

できます。

一生涯の保障ですので自身の葬儀代の確保ができ

ます。

医療保険

終身型で1泊2日から給付金を受け取れる内容がい

いでしょう。

※ いずれも一生涯を保障する商品では若年の内に

ご契約されると良いでしょう。保険料が一生変わら

ない為、安い保険料で続けられます

生命保険効用

万一の時の生命保険

生命保険で、いくらの死亡保障を用意するべきか。

3千万円で足りるの? 5千万円くらいが普通かしら?

漠然と考えてみても、普段使っているお金とは3〜4桁も違うお金

の話ですから、なかなかピンと来ないはずです。

夫死亡後に見込める収入には、次の様なものがあります。

1)遺族基礎年金・遺族厚生年金などの公的年金

2)死亡退職金・弔慰金などの福利厚生制度からのお金

3)妻の就労による収入

4)その他の収入(アパート・駐車場経営等の不労所得)

これらの収入は、ご家庭によって全く事情が違います。

自営業の方は会社員の方にくらべて、受け取れる公的年金が少

なくなります。転職歴があったり、私の様に会社員から自営に転じ

た場合には、年金試算も複雑になります。

上のグラフの様に、毎年、夫死亡後の収入合計がどのように推移

していくかをつかむことが、必要保障を理解するための第一歩と

なります。

お時間がある時に一度、1〜4の合計額を計算してみてはいかが

でしょうか。


生命保険効用

生命保険の必要性

生命保険は万一の場合の暮らしを支えます。 そして、万一のことが

起こらない時でも気持ちを支えています。

 しかし、ライフスタイルや見直し時の年齢などを考え、ライフプランを

明確に描く必要があ ります。
 
なぜなら、保険料の削減は確実に家計を助けるからです。

生命保険は暮らしに必要なもので、とくに収入が少ないが家族が多い

といった家庭では、大黒柱を失ったときの経済的な打撃は大きく、保険

に頼らざるをえません。

だとすると、納得のいくかたちで自分に必要なだけの保険に加入した

いものですネ ♪


生命保険効用

生命保険はリスクヘッジ

生命保険に加入していれば「家族の安心」「家族の幸せ」?

生命保険に加入していれば、いつまでも家族は健康で、

不幸な目にあわないと思って加入されてる方が沢山居ますが

本当にそうなのでしょうか?

保険の加入の有無に関わらず、長生きする人は長生きしますし、

病気や事故も起こりうるのです。

保険に入ってるから不幸な目にあわないなんて事はないのです。

保険に入るのは不幸なことを避けるために入るのではありません。

仮に不幸な目にあっても、生命保険に加入していたら、保険会社

から”保険金”というまとまった額のお金が出るということなのです。

保険の制度は、たとえば大黒柱を失ったとしても”保険金”で残され

た家族が不安定な生活をしなくてもいいように考えられた制度なの

です。

いつ起こるかわからない不幸な出来事のリスクに対して、

金銭面で多少なりともやわらげるために、保険という商品で、少しでも

ヘッジしようという発想で入るのです。そのリスクヘッジのために、保険

料というお金を支払うのです。

よって、リスクの無い人、つまり健康で事故にあったり病気をする心配

のない人は、生命保険に入って保険料を払うだけソンです。

なぜなら、自分が健康でいる限り、保険料を払う一方で、お金を受け取

ることはないからです。また、かなりの財産を持っていて、死亡しても遺族

が困らないだけの遺産を残せるような人は、保険に入る必要のない人なのです。

生命保険は少ない保険料で、多額の保険金(給付金)を手に出来る商品

です。

日歩の生活に追われて貯蓄も出来ず、十分な蓄えもない人こそが、

加入しなくてはならないものです。 

リスクのある人とは

 ■奥さんが専業主婦で子どもが小さい人

 ■独身でも老親と同居で家計を支えている人

 ■病弱な家族を抱えている人

など、こういう人は必要な額だけ死亡保障を生命保険

で確保してくださいネ。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。