AX

生命保険種目

メディカルKitR(東京海上日動あんしん生命)

東京海上日動あんしん生命からびっくりするような医療保険が発売されました。
業界初だそうです。

その名もメディカルKitR

この医療保険、払った保険料使わなかったら70歳時に全額戻って来るというものです。

例えば、30歳時月々¥5,000のメディカルKitRに加入したとして1年間の保険料¥60,000を70歳時まで掛け続けると、総額¥2400,000になります。

それが、そのまま70歳時に戻ってくるというもの。

また、途中病気等で入院して保険金を受け取ったとしても、受け取った保険金を差し引いて残り全額を戻してくれるというものです。

これすごくないですか?

又、70歳時健康還付給付金を受け取った後の保険料も30歳で加入した月々¥5,000で引き続き加入し続けられるというものです。

ただし、このメディカルKitR加入できる年齢は50歳までとなってますので、健康なうちに早めの加入をおススメします。

なにせ、払い込んだ保険料が全額戻ってきて、将来の年金が心もとない中、非常に老後にはありがたい健康還付給付金になるのではないでしょうか?

生命保険種目

掛け捨て生命保険

生命保険に何を求めるかによって、選ぶ保険は「掛け捨て型」か「積み立て型」かのどちらかに分かれます。


生命保険は万が一のための備え、貯蓄機能はいらない」と考える方や、「無駄な保険料の支払いは極力抑えたい方」にとっては、掛け捨てが当たり前のことなのでしょう。


しかし実際は、最近まで【保険は掛け捨て】という割り切った考え方は、日本ではあまり受け入れられていませんでした。


ある調査でも保険は【掛け捨て】【積立】するかの質問で1番回答が多かったのが「ケースバイケース」でした。


加入者本人が、生命保険に何を求めるか、生命保険を利用して何を準備したいのか、選ぶ会社の状況は?それらによって【掛け捨て】【積立】のどちらを重視して保険を選ぶかが変わるのは当然のことです。



生命保険に何を求めるか」「生命保険で何を準備するのか」により、加入する保険の種類は違ってきます。


あなたは生命保険に何を求めますか?保険選びはまず自分自身の方針を決めてから始まるのです。

生命保険種目

生命保険の基本

色々な保険がありますが,その中でも生命保険とはその名の通
り人に対してかける保険です。


病気や怪我や事故などによって傷害を負ったり入院したりまた死亡した時などの万が一の時のためにかけるものが,生命保険です。


生命保険の中にも色々な種類があり,『定期保険』『養老保険』『終身保険』などの種類の生命保険があります。


最近では学資保険やがん保険という生命保険もあります。


このような生命保険は,払ってきた総金額に関係なく,契約をした時点から契約した保険金を受け取る事ができます。


そこが貯蓄と違うところです。

定期保険という生命保険の場合は期間が決められておりその期間内に傷害を負うたり,病気になったりして死亡した場合の遺族への保障が主な目的です。



この生命保険は掛け捨てです。

終身保険という生命保険は保障期間が一生涯続きます。

被保険者が死亡した場合に死亡保障金として支払われます。

この生命保険については解約すれば解約払い戻し金が戻ります。

養老保険という生命保険は期間が決められていますが,満期になった時点で被保険者が生存していたら満期保険金という死亡保険金と同じ額が支払われる形の生命保険になっています。



どの生命保険についても,いざという時に困ることのないように予め自分に合った生命保険に加入しておくことが大切です。

生命保険種目

収入保障保険

収入保障保険とは、別名、お給料保険 と言われています。

ご主人が万が一の時に、保険会社がご主人の代わりに毎月、お給料(保険金)を支払ってくれるというものです。

(例)30歳、男性、保険期間60歳、支払い期間60歳、保険料4305円、
   たばこを吸う場合、毎月15万円、A保険会社、

この場合ですと、最大5220万円もらうことができます。

お子様がいらっしゃるご家庭では、特に必要な商品です。保険料も安く、非常に優れた商品だと思います。

代表的な会社では、日本興亜生命、損保ジャパンひまわり生命、東京海上日動あんしん生命、アリコジャパン、他というところでしょうか。

タバコを吸うかどうか、年齢等により保険料が異なりますので、代理店、営業担当までご相談下さい。

生命保険種目

定期付終身保険

日本系の生命保険会社で、生命保険に入った人ならたいていの場合、この保険に加入していると思います。

定期付終身保険とは、終身保険という本体部分に、定期保険と言う掛け捨て保険を特約として追加した保険です。
このタイプの保険の何が問題かと言うと、ほとんどの場合には「更新型」になっていることです。

まず、生命保険に加入して10年くらいで更新を迎えます。すると、保険料が2倍くらいになります。

さらに、10年くらいするとまた更新を迎えます。すると、またまた保険料が2倍になります。

という感じで、10年毎に更新を迎えてそのたびに支払い保険料がどんどん上がっていきます。

契約当初の支払いは一ヶ月に1万円程度です。でも10年後・20年後に更新した際には、保険料の支払いが倍倍に増えていって、一ヶ月に4万円以上になってしまうのです。

その頃には、働き盛りで、子供が中学生だったりして生命保険を辞めることはとてもできなかったりします。年齢的にも新規の生命保険に入るのは難しいような気もします。

気が付いたら、保険会社に大金を献金することになってしまうわけです。

普通の人は、10年目か20年目にはさすがにおかしいと気が付きます。

そこで、担当のセールスの人に相談するわけです。

「保険料負担がつらいので、もう少し安くできないか?」と。

これは大チャンス到来!ですね。営業の人にとっては!

もし、この保険の終身保険部分が予定利率の高い保険なら、転換させて低い予定利率の保険に変更すれば保険会社にとっては大きなメリットになります。

もし、そういう保険でないとしても、保険金額や特約をいじることによって、変更契約や転換を行えば、新しく自分の成績になります。

つまり、「更新型」とは、保険会社にとって二つのメリットが生じるありがたい保険なのです。

1).当初の支払い額を抑えることができるので、最初の契約を取りやすくして、その後に高い保険料支払いに誘導することができる。

2).10年毎に更新があるので、そのたびにセールスのチャンスがある。逆ザヤ保険の場合には、その時に転換させることができる。

この仕組みを考え付いた人は天才です。

生命保険種目

養老保険

保険期間内に死亡した場合に保険金が支払われるのはもちろんだが、満期になった時に生存していた場合、満期返戻金として保険金額と同額が支払われるというもの。

契約満了時には通常、満期返戻金に加え、配当金が支払われるため、払い込んだ保険料よりも多く受け取れる為「貯蓄型」とも呼ばれる。加入時の年齢や保険期間によっては貯蓄性がない場合もある。

これは、生存保険と死亡保険を同額組み合わせることで保険金給付に関わるリスクを減らし、貯蓄的な色合いを濃くしたものである。

かつては、途中で解約した場合にも、払込金額以上の金額が戻って来ること、一定条件を満たせば被保険者死亡時にかかる相続税の取り扱いが優遇されていることなどから、本来の目的を離れ、貯金代わりに利用するものも多かったが、バブル崩壊後徐々に予定利率が減少し、途中解約しては支払金額以上には戻って来なくなったので、この利用法は廃れた。

養老保険の場合、満期時に生存していれば確実に保険金が受けられるので、保険料は定期・終身保険よりもさらに割高になっている。

バブル期には当時の高利回りを狙った「一時払養老保険(契約時に保険料を一時金として一括払いする養老保険)」が流行った時もあった。

生命保険種目

終身保険

保険期間を定めず、生涯にわたって保障される保険

死亡した場合必ず保険金が支払われるので、定期保険と比較すると保障される金額に対する保険料が割高である。

途中解約をした場合に解約返戻金が出ることが多いが、通常は払い込んだ保険料の総額よりは少なく、また契約してからの経過年数が短いほど返戻金は少ない。解約返戻金の増減は、払込期間をどのように設定するかによって大きく変わる。

60歳で保険料を全て払い込む形(払込期間60歳)にした場合、おおむね60歳前後で払い込んだ保険料よりも解約返戻金のほうが多くなる。

保険料を上回るタイミングが60歳より前に来るか、後に来るかは、金利(予定利率)よりも、保険会社の経費(予定事業費率)の影響が大きい。

したがって一般に「金利(予定利率)が高いときの終身保険契約はお得」と言われるが、60歳前後で解約した場合、低金利時より保険料が安いというだけで、最終利回りとしては、あまり高金利のメリットは得られない。

また、60歳以降から数年は勢いよく解約返戻金が増加するが、70歳を超えると責任準備金としてプールされる金額が減り、かえって死亡保険料として取り崩される金額が増えるので、解約返戻金の伸びは鈍る。

生命保険種目

定期保険

一定期間以内の死亡に対して保険金が給付される生命保険

いわゆる「掛け捨て」と呼ばれる保険であり、死亡のみ保障するため、保険期間を満了したときの満期保険金はない。

途中解約した場合の解約返戻金は一般に少ない(ただし、保険期間が60年・70年といった長期になった場合、契約後期の解約返戻金の額はそれなりに大きくなる)。

保障される金額に対する保険料は比較的安いため、子どもが成長するまでの世帯主など、一定期間、高額な保障が必要とされる場合に利用される。

近年では保険料を安く保障額を多くしたいというニーズに対応するため、中途解約の場合、解約返戻金がまったくない商品も開発されている。

生命保険種目

生命保険種類

生命保険(いわゆる第三分野の保険も含む)は各保険会社によって、さまざまな名称を付けているので、とても分かりにくいのですが、実際には基本となる契約、主契約にはいくつかの種類があり、これらにさまざまなオプション(特約)を付加して、勝手にさまざまな名称を付けて販売しているのです。


自分に必要な保障な何なのか?自分が加入している保険(主契約)は何なのかを理解し、各保険会社の名称に惑わされず、正しい知識を身につけることが、生命保険を見直したり、新規に加入する場合にはとても大切になるのです。

生命保険種目

掛け捨て生命保険

保険の基本は掛け捨てです。予定利率の低い今は、むしろ掛け

捨てのほうがよいです。。生命保険は相互扶助の考え方でなりたっている

金融商品です。

基本は、死んだ人の遺族に生きている人がお金を出し合って保険金

支払うというものです。「満期になったらお金が戻ってくる保険や、お祝

い金が出る保険はトクでは?」という方もいると思います。

たしかに単なる掛け捨てよりトクな気がするかもしれませんが、たとえば

加入途中で定期的にお祝い金が出る保険の場合、そのお祝い金は加

入している保険会社がお金を出してくれるのではなく、「お祝い金」用に

自分で積み貯めるお金で、支払っている保険料の中から一定額が積み

立てられているのです。満期に戻ってくるお金も同じように別途積み立て

られているのだと思えばいいでしょう。

ですから、要は積立てのお金を余分に払っていると言う事ですネ 。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。