AX

ライフプラン

生命保険賢い選び方

1.どんな場合に保障が必要かで決める

生命保険の保障機能には「死亡保障」、「医療保障」、「老後保障」の

3つがあります。保険を選ぶときは自分の保障したいものは何か、

ニーズを明確します。

例えば、自分が死亡したとき残された家族に対する保険金を確保したい

と考えるなら死亡保障を選び、病気やケガでの医療費を保険カバーした

いと考えるなら医療保障、老後の生活に備えたいなら老後保障を選ぶ

といったようにします。

2.主契約で生命保険を決める。

なぜかといいますと、生命保険は主契約と特約で構成されているの

ですが、主契約こそメインであり、特約はオプション的なものだからです。

特約だけでの保険加入はできませんし、特約で自分の保障したい内容

のものを選んでしまうと、主契約のほうに余計な保障をつけて契約するな

んてことも有り得ます。

もしそうなってしまうと、保険料も余計な保障のぶんまで払うことになります。

例えば、Aさんが病気やケガでの入院・手術に備えるために生命保険
に入るとします。Aさんは保険に貯蓄性は求めずに医療費の保障のみ

を必要としています。ここで終身保険定期保険に医療特約をつけた

ものを選ぶより、医療保険に加入したほうが余分な保険料を払わなく

てすむということです。

3.ライフステージにあった、保険料と保険金

それぞれの人生において年齢を重ねるごと、ライフステージの変化に

応じて必要とされる保障はかわってくるものです。結婚、出産、子どもの

独立などライフステージの変わる時期は生命保険選びをする時期のめ

やすとなります。

ご参考にしてくださいネ。

ライフプラン

生命保険必要保償額と予算

必要保障額とは、万一の場合に必要になるお金の目安です。

生命保険に加入するときには、この必要保障額を計算してムリ・

ムダのない保障額で加入しましょう。

ただし、すべての保障を保険で用意しなければいけないわけでは

ありません。また、ライフステージによっても必要保障額は変化し

ていきます。

現在の家族の状況や、預貯金など保険意外のあなたの資産のこ

とも考えながら、できる限りムリ・ムダのない必要補償額を設定し

ていきましょう。

生命保険に余計なお金を使わないようにするには、あらかじめ

生命保険に使うお金を決めてしまうことがポイント。保険料の予

算を決めておくわけです。

保険料の予算は、生命保険に貯蓄性を求めるなら年収の

10%前後、貯蓄性のない掛捨て生命保険だけを活用するなら

年収の5%前後が目安となります。

ただし、学資保険や個人年金といった生命保険保険料の

予算に含めなくてもいいと思います。これらは資産運用のため

の金融商品といった性格を持つ保険だからです。

万一の場合に備えるために出費するお金を、この予算内に収め

ればOKです。

ライフプラン

ライフプランとライフプランニング

ライフプランとは、「生涯の生活設計」のことです。...と言うと難しく

聞こえますが、 3年後には、マイホームを買いたい!子供は2人は

ほしい!子供は大学までは進学させてあげたい!老後は海外での

んびり暮らしたい!etc. このような夢や漠然とした目標など、誰でも

少なからず考えている.ことを、はっきりとした形にしていくことですね。

ライフプランニングとは... あなたの生活設計や夢、ご家族のこと

など様々な情報をお聞きした上で、「ライフプラン」に沿って必要とな

る資金や、その発生時期、推移などを明らかにしていくものです。

万一の場合に、毎年の収支がどうなるか、生命保険で用意すべき

死亡保障額はどうなるか、老後の不足資金の予測などができる様に

なります。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。