AX

生命保険見直し

生存保障革命・東京海上日動あんしん生命

今までの「医療保障」や「死亡保障」ではカバーしきれない保障の空白領域、”退院してからの暮らし”にこそ、保障が必要とされているのではないでしょうか?

「自宅療養」や「介護が必要な状態」になった場合のことも考えて、保険を選びましょう。

あんしん生命の”メディカルkit就業不能サポートプラン”は5疾病(ガン、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全)で就業不能が30日以上続いた場合所定の保険金が支払われます。

又、”長生き支援終身”は@公的介護保険の要介護2以上認定されたときA保険会社所定の要介護状態が180日以上継続したと医師によって診断されたときのいずれかのとき保険金が支払われます。

”家計保障定期保険 就業不能保障プラン”は@5疾病を直接の原因とする就業不能状態が60日以上継続したときA保険会社所定の介護状態が180日以上続いたと医師に診断されたとき保険金が支払われます。

生命保険会社では、今までにこういった商品がなかったため、画期的という意味で「生存保障革命」と呼ばれています。

生命保険見直し

生命保険の見直しを保険ショップで!

今までは、生命保険の見直しは保険会社の営業マンや保険レディに来てもらい見直ししてもらうのが当たり前でした。

そのスタイルを変えたのが保険ショップです。保険ショップは保険業界では「来店型保険店舗」とか「来店型保険ショップ」といいます。

保険ショップができるまでは、生命保険の契約や保険見直しについて「お客様に来店していただく」ことなど皆無でした。生命保険の相談や契約は自宅や会社に保険会社の営業マンや保険レディに来てもらうのが普通でした。

保険ショップの相談員は保険に詳しい人です。元保険会社の生保レディやFP(ファイナンシャルプランナー)がほとんどです。

今契約している保険について証券を見てもらい、どのような保険なのか説明してもらえます。その上でその生命保険をどのように見直しするか相談して決めることが可能です。

保険ショップは多くの場合には複数の保険会社商品を取り扱うことができる生命保険代理店が運営をしています。そのために様々な保険会社の商品を組み合わせ最適なプランを提案してもらうことが可能です。

保険ショップは多店舗展開しているところも多く、有名なショップブランドがいくつかあります。大きな組織なのでスタッフのレベルも研修等により一定に保たれていることが多いようです。

保険ショップでの保険見直しのいいところは、気軽に相談ができるということです。会社帰りのビジネス街や乗り換え繁華街にもあり、地下鉄の駅にあることさえあり、そこにこちらから行くのですから気は楽です。

子供を連れての家族連れも多いのでキッズルーム等を設けているところもあります。

なお各店舗で保険相談に応じられる人数は2〜3人のことが多く、ひとりの相談者にはかなりの時間を要し、対応できないこともあります。

つまり突然訪問しても見直しの相談してもらえないことが多いのです。
特に保険の見直しには時間がかかりますから、事前に予約してからのほうがいいでしょう。

生命保険の見直しは保険マンモス

生命保険見直し

生命保険転換

生命保険は保険の契約時期によって運用利率の高い時に加入した「お宝保険」と呼ばれるものがあります。

単純に生命保険をすべて解約して新しいものにすると、その折角の「お宝保険」はなくなってしまいます。見直しには十分注意が必要です。

又、気を付けないといけないのは、大手生命保険会社では「転換」というシステムがあり、この「転換」により「お宝保険」のメリットを消されてしまうことがしばしばあります。

転換」は保険の下取りとも言われます。この言葉がでたらその保険の見直しには注意が必要です。

生命保険の見直しをするときは、敢えて従来の保険とは関係のない保険のアドバイザーに見直しを頼むということも考えた方がいいです。

現在契約している保険会社の保険レディが突然やってきて、「今の生命保険を見直しましょう、最近の保険は良くなっていますから古い保険は見直しましょう。」と言って来たらら、注意しましょう。

簡単に何百万円もの財産を失ってしまいます。保険会社に奪い取られてしまいます。つまり大手生保の保険商品の転換では財産を収奪される可能性があるということです。

つまり他の人にも保険見直しの検討をお願いしましょう。

良心的に相談に乗って貰えると評判です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




生命保険見直し

高額療養費制度

日本国内に住んでいるほとんどの人は、健康保険
入っています。

そのため、実際に掛かった医療費の3割程度を負担
すれば良いことになっています。

たとえば、風邪を引いて病院に行き、5,000円の治療
を受けたとしても、受付で支払うお金は、5,000円×
3割=1,500円で済む事になります。

3割負担で済む、と言いましたが、実はこの金額には上
限があるので、自己負担額はさらに少なくなります。

高額療養費制度というものがあるからです。

仮に100万円の治療を受けたとしても、一般家庭の場合
の1ヶ月あたりの自己負担額は145,140円で済む事にな
り、超えた金額については申請することにより還付されま
す。

ということは、180日間(=6ヶ月間)入院したとしても、87万
円程度の自己負担で済む事になります。


ところが、そもそも6ヶ月間連続して、100万円の治療を受
ける、という前提があまり考えにくいです。


それは、入院期間の短期化の傾向のためです。
最近、医療の発達に伴い入院期間が短くなっているのです。

健康保険の制度上、長期入院の場合に病院に落ちるお金が
減っていくので、早く退院させたい、という病院側の事情もあ
ります。

そのため、医療保険で認められる180日間フルに入院したいと
思っても、よほどの特殊事情が無い限り、できないでしょう。


となると、病気の種類にもよりますが、高額療養費制度や現実
の入院期間を考慮すると、病気の備えとして用意しておくべきお
金は、100万円程度であると考えられます。


このくらいの金額なら、貯金で何とかなる、という人は多いと思
いますがいかがでしょうか。



生命保険見直し

生命保険見直し

生命保険には必ず見直しが必要かというと、そうではありません。

では、どんな人に見直しが必要か?それは、生活環境が変わった

人です。人には、結婚、出産、起業独立、子供の独立、退職、など

などライフステージの変化があります。 このようにライフステージが

変わると何が大きく変わるかというと、結婚や出産、お子さんの独立

の場合は「家族の構成」「家族の人数」が変化します。独立起業や、

退職の場合は「公的保障」「収入」に大きな変化があります。生命保

の目的として、殆どの人が挙げるとしたら何だと思いますか?

そう、生活していくための費用をカバーすることです。家族の構成、人

数が変われば当然生活に必要なお金も異なってきます。

生命保険で家族のために遺すお金が変わるのですから、当然見直

さないといけないですネ。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。