AX

生命保険業界

がん保険


「がん」という特定の病気に関しての補償が,さまざまな角度から充実している保険が,がん保険です。

このがん保険にはいろいろな特徴があります。

まず,がん保険というものは,最初に一時金と呼ばれるまとまったお金が出ます。

これは,がんであると医師に診断された場合や入院をした場合などに,比較的早い段階で,がん保険により一時金を支給することによって,がん保険の被保険者に,健康保険の対象外の先進医療や民間医療などを選ぶ余裕を持たせることができるようになっているのです。

がん保険の給付金は,入退院をくり返しても支払われるということも,がん保険の特徴です。

がん保険では,支払いの限度日数が設けられていません。

つまり,がんで入院をした場合には,入院した日数の給付金を受け取ることができるので,長期の入院や入退院をくり返す時にも安心の保障となっています。

がん保険の加入の対象となるのは,初めてがんにかかった人なので,既にがんだと診断されたことがある人はがん保険に加入することはできません。

また,3ケ月ほどの待機期間がある場合が多いので,この間にがんだとわかった場合にはがん保険の加入が無効になってしまうので
注意が必要です。


生命保険種目

掛け捨て生命保険

生命保険に何を求めるかによって、選ぶ保険は「掛け捨て型」か「積み立て型」かのどちらかに分かれます。


生命保険は万が一のための備え、貯蓄機能はいらない」と考える方や、「無駄な保険料の支払いは極力抑えたい方」にとっては、掛け捨てが当たり前のことなのでしょう。


しかし実際は、最近まで【保険は掛け捨て】という割り切った考え方は、日本ではあまり受け入れられていませんでした。


ある調査でも保険は【掛け捨て】【積立】するかの質問で1番回答が多かったのが「ケースバイケース」でした。


加入者本人が、生命保険に何を求めるか、生命保険を利用して何を準備したいのか、選ぶ会社の状況は?それらによって【掛け捨て】【積立】のどちらを重視して保険を選ぶかが変わるのは当然のことです。



生命保険に何を求めるか」「生命保険で何を準備するのか」により、加入する保険の種類は違ってきます。


あなたは生命保険に何を求めますか?保険選びはまず自分自身の方針を決めてから始まるのです。

生命保険種目

生命保険の基本

色々な保険がありますが,その中でも生命保険とはその名の通
り人に対してかける保険です。


病気や怪我や事故などによって傷害を負ったり入院したりまた死亡した時などの万が一の時のためにかけるものが,生命保険です。


生命保険の中にも色々な種類があり,『定期保険』『養老保険』『終身保険』などの種類の生命保険があります。


最近では学資保険やがん保険という生命保険もあります。


このような生命保険は,払ってきた総金額に関係なく,契約をした時点から契約した保険金を受け取る事ができます。


そこが貯蓄と違うところです。

定期保険という生命保険の場合は期間が決められておりその期間内に傷害を負うたり,病気になったりして死亡した場合の遺族への保障が主な目的です。



この生命保険は掛け捨てです。

終身保険という生命保険は保障期間が一生涯続きます。

被保険者が死亡した場合に死亡保障金として支払われます。

この生命保険については解約すれば解約払い戻し金が戻ります。

養老保険という生命保険は期間が決められていますが,満期になった時点で被保険者が生存していたら満期保険金という死亡保険金と同じ額が支払われる形の生命保険になっています。



どの生命保険についても,いざという時に困ることのないように予め自分に合った生命保険に加入しておくことが大切です。

コラム

生命保険以外の死亡保障

生命保険に入っていない場合でも死亡保障を受ける方法はあります。


その中でも一般的なのが遺族年金です。最近は年金というと評判が悪い印象です。

しかし、年金保険ほど安心感のある保険はそうそう無いはずです。

しかも年金保険によって死亡保障まで受けられるのならば、十分に保険料を納めるだけの価値があるとは思えないでしょうか?


しかし国民年金には注意が必要です。配偶者や子供がいる場合でも末っ子が18歳になればその年度末に至急が打ち切られます。


つまり子供がいない場合には配偶者がいても受け取れないし、配偶者が先立っていても受け取ることはできなくなってしまいます。



サラリーマンの場合だと国民年金に加えて厚生年金も加入しています。

遺族厚生年金というのがあり、子供がいない独身だったとしても受け取れます。また、支給額は平均報酬月額によって算出されます。



もちろんですが、再婚した場合は支給は打ち切られます。

これは会社によって違うのですがサラリーマンの場合は退職金と同じく死亡した場合も死亡退職金が支払われます。


また、住宅ローンが残っている場合も困ってしまいますが、だいたいの場合はローンを組むときに団体信用保険というものに加入しているのでもしも死亡しても残りのローンは保険で支払われるので安心です。



自身で現在の状態だとどれだけの補償が受けられるようになっているのかを十分に確認して生命保険にはいるようにしましょう。

生命保険効用

生命保険の必要性

生命保険とは将来に自分自身が身体的に障害などを受けてしま
った場合の経済的なカバーを目的とした保険です。


生命保険は非常に高額なものです。一般の人にとっては持ち家の次に高い商品とまで言われています。


ですが、その内容は複雑で良く内容を理解できないままに保険の勧誘員などに勧められて契約している方が多いのではないでしょうか。


社会人になったら保険は入るもの。生命保険は家族への愛の証。

などと言った形で勧誘された方も多いかと思いますが、これらの言葉を真に受けてしまってはいけません。


生命保険に入らなくても実は私たちにはいくつかの保険に自動的に加入しているのです。


会社で加入してます健康保険の傷病手当金、労災保険、遺族年金等。

それらのサービスだけでもそこそこのサービスが受けられるかもしれません。

しかし、そうはいっても最近ではこれだけで十分な金額が受け取れるとは限りません、今の現状を把握し生命保険への加入も検討するべきです。


そのときに必要なのが実際の見積もりでしょう。実際に自分が死んだあとにどれだけのお金が生活に必要なのか、子供の養育にはどの程度の費用がかかってくるのかなどと言ったことです。


そこのところは只、加入すればいいという事ではなく是非、信用のおける知識の豊富なプランナーなりに設計してもらいましょう。

<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。