AX

生命保険効用

新婚向け生命保険

今後の生活設計の基盤となる保障と月々の生活費をカバーすることが、保険見直し・保険選びのポイントです。

お子様がまだいらっしゃらないうちは子供に対する保障(養育費・教育費など)が必要ないので、あまり高額な死亡保障は必要ありません。

まずは、病気やケガに備えて医療保険を充実させましょう。終身型の医療保険がお勧めです。

これから出産・住宅購入など人生の大きな大きなイベントがあることでしょう。出産後は奥様が職場復帰するのか、専業主婦になるのかでも収支が大きく変わってきます。

ライフプランをしっかり考え、無理のない内容にしましょう。お子様が生まれたらまた見直しましょう。

共働きの場合には・・・
奥様の収入が家計費の中でどれだけの割合を占めるかによって、それぞれの保障額は変わってきます。

生活費を按分して、ご夫婦それぞれで保険に加入するようにしましょう。

収入に応じて保障重視、医療重視のバランスを考えましょう。
医療保険はご夫婦とも終身型を確保しましょう。

生命保険効用

独身者向け生命保険

若い人にとって自分が死ぬことや老後はイメージしにくいでしょう。

しかし、誰にでもいつか必ずやってくるものです。

いずれ必要になる保障(資金)を、お金に自由が効く今から準備しておくと保険料負担も少なくて済みます。

いちばん最初に入る保険として、まず終身保険を選びましょう。

終身保険は保障機能と貯蓄機能の両方を備えています。
この終身保険は一生モノになります。

結婚して大きな保障が必要となる時には、独身時代に入った終身保険をベースに、定期保険や収入保障保険などを必要な額・必要な期間上乗せし、保障を大きくします。

お子様が独立してそれほど大きな保障が要らなくなれば、終身保険を葬儀費用くらいを残して部分解約すれば、解約返戻金を受取り、老後の生活資金として使えます。

終身保険は保険料の払込みが終わる頃には、支払った保険料以上の解約返戻金が貯まっています。

終身保険は何10年か先のリタイアした時の自分のために、若いあなたが今からできる自分への投資なのです。

病気やケガ入院の備えは年齢に関係なく必要です。
医療保険には若くて保険料の安いうちに、終身タイプのものに入っておくことをお勧めします。





生命保険種目

養老保険

保険期間内に死亡した場合に保険金が支払われるのはもちろんだが、満期になった時に生存していた場合、満期返戻金として保険金額と同額が支払われるというもの。

契約満了時には通常、満期返戻金に加え、配当金が支払われるため、払い込んだ保険料よりも多く受け取れる為「貯蓄型」とも呼ばれる。加入時の年齢や保険期間によっては貯蓄性がない場合もある。

これは、生存保険と死亡保険を同額組み合わせることで保険金給付に関わるリスクを減らし、貯蓄的な色合いを濃くしたものである。

かつては、途中で解約した場合にも、払込金額以上の金額が戻って来ること、一定条件を満たせば被保険者死亡時にかかる相続税の取り扱いが優遇されていることなどから、本来の目的を離れ、貯金代わりに利用するものも多かったが、バブル崩壊後徐々に予定利率が減少し、途中解約しては支払金額以上には戻って来なくなったので、この利用法は廃れた。

養老保険の場合、満期時に生存していれば確実に保険金が受けられるので、保険料は定期・終身保険よりもさらに割高になっている。

バブル期には当時の高利回りを狙った「一時払養老保険(契約時に保険料を一時金として一括払いする養老保険)」が流行った時もあった。

生命保険種目

終身保険

保険期間を定めず、生涯にわたって保障される保険

死亡した場合必ず保険金が支払われるので、定期保険と比較すると保障される金額に対する保険料が割高である。

途中解約をした場合に解約返戻金が出ることが多いが、通常は払い込んだ保険料の総額よりは少なく、また契約してからの経過年数が短いほど返戻金は少ない。解約返戻金の増減は、払込期間をどのように設定するかによって大きく変わる。

60歳で保険料を全て払い込む形(払込期間60歳)にした場合、おおむね60歳前後で払い込んだ保険料よりも解約返戻金のほうが多くなる。

保険料を上回るタイミングが60歳より前に来るか、後に来るかは、金利(予定利率)よりも、保険会社の経費(予定事業費率)の影響が大きい。

したがって一般に「金利(予定利率)が高いときの終身保険契約はお得」と言われるが、60歳前後で解約した場合、低金利時より保険料が安いというだけで、最終利回りとしては、あまり高金利のメリットは得られない。

また、60歳以降から数年は勢いよく解約返戻金が増加するが、70歳を超えると責任準備金としてプールされる金額が減り、かえって死亡保険料として取り崩される金額が増えるので、解約返戻金の伸びは鈍る。

生命保険種目

定期保険

一定期間以内の死亡に対して保険金が給付される生命保険

いわゆる「掛け捨て」と呼ばれる保険であり、死亡のみ保障するため、保険期間を満了したときの満期保険金はない。

途中解約した場合の解約返戻金は一般に少ない(ただし、保険期間が60年・70年といった長期になった場合、契約後期の解約返戻金の額はそれなりに大きくなる)。

保障される金額に対する保険料は比較的安いため、子どもが成長するまでの世帯主など、一定期間、高額な保障が必要とされる場合に利用される。

近年では保険料を安く保障額を多くしたいというニーズに対応するため、中途解約の場合、解約返戻金がまったくない商品も開発されている。

<<前の5件  .. 2 3 4 5 6..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。