AX

生命保険種目

生命保険種類

生命保険(いわゆる第三分野の保険も含む)は各保険会社によって、さまざまな名称を付けているので、とても分かりにくいのですが、実際には基本となる契約、主契約にはいくつかの種類があり、これらにさまざまなオプション(特約)を付加して、勝手にさまざまな名称を付けて販売しているのです。


自分に必要な保障な何なのか?自分が加入している保険(主契約)は何なのかを理解し、各保険会社の名称に惑わされず、正しい知識を身につけることが、生命保険を見直したり、新規に加入する場合にはとても大切になるのです。

生命保険見直し

高額療養費制度

日本国内に住んでいるほとんどの人は、健康保険
入っています。

そのため、実際に掛かった医療費の3割程度を負担
すれば良いことになっています。

たとえば、風邪を引いて病院に行き、5,000円の治療
を受けたとしても、受付で支払うお金は、5,000円×
3割=1,500円で済む事になります。

3割負担で済む、と言いましたが、実はこの金額には上
限があるので、自己負担額はさらに少なくなります。

高額療養費制度というものがあるからです。

仮に100万円の治療を受けたとしても、一般家庭の場合
の1ヶ月あたりの自己負担額は145,140円で済む事にな
り、超えた金額については申請することにより還付されま
す。

ということは、180日間(=6ヶ月間)入院したとしても、87万
円程度の自己負担で済む事になります。


ところが、そもそも6ヶ月間連続して、100万円の治療を受
ける、という前提があまり考えにくいです。


それは、入院期間の短期化の傾向のためです。
最近、医療の発達に伴い入院期間が短くなっているのです。

健康保険の制度上、長期入院の場合に病院に落ちるお金が
減っていくので、早く退院させたい、という病院側の事情もあ
ります。

そのため、医療保険で認められる180日間フルに入院したいと
思っても、よほどの特殊事情が無い限り、できないでしょう。


となると、病気の種類にもよりますが、高額療養費制度や現実
の入院期間を考慮すると、病気の備えとして用意しておくべきお
金は、100万円程度であると考えられます。


このくらいの金額なら、貯金で何とかなる、という人は多いと思
いますがいかがでしょうか。



生命保険見直し

生命保険見直し

生命保険には必ず見直しが必要かというと、そうではありません。

では、どんな人に見直しが必要か?それは、生活環境が変わった

人です。人には、結婚、出産、起業独立、子供の独立、退職、など

などライフステージの変化があります。 このようにライフステージが

変わると何が大きく変わるかというと、結婚や出産、お子さんの独立

の場合は「家族の構成」「家族の人数」が変化します。独立起業や、

退職の場合は「公的保障」「収入」に大きな変化があります。生命保

の目的として、殆どの人が挙げるとしたら何だと思いますか?

そう、生活していくための費用をカバーすることです。家族の構成、人

数が変われば当然生活に必要なお金も異なってきます。

生命保険で家族のために遺すお金が変わるのですから、当然見直

さないといけないですネ。

生命保険効用

独身者生命保険

今後、あなた自身が困ることは何か?を見つけ

ることが、生命保険保障を見直しするポイント

です。

 
・あなたが亡くなった場合、遺族に対する死亡保

 障の必要性は?→あまりない(低い)

・今後、あなた自身が困ることは何ですか? →

 自分が入院したとき

・必ず必要になる保障内容とは何でしょう? →

 入院保障と自身の葬儀代そして老後の生活資金


そこで独身の方にお薦めの生命保険保障とは


終身保険

貯蓄性も兼ねており老後資金等に役立てることも

できます。

一生涯の保障ですので自身の葬儀代の確保ができ

ます。

医療保険

終身型で1泊2日から給付金を受け取れる内容がい

いでしょう。

※ いずれも一生涯を保障する商品では若年の内に

ご契約されると良いでしょう。保険料が一生変わら

ない為、安い保険料で続けられます

生命保険注意事項

生命保険見直し

生命保険の見直しには 『正確な知識』 と 『明確な考え』が必要です。
 
正確な知識とは、保険の仕組みを正しく理解すること。

明確な考えとは、どうして保険が必要なのか?

自分のライフプランを どういうふうに描いているのかを 明確にイメージ

することです。
 
保険契約はそれぞれの加入者によって、必要性や保険の形が変って

きます。

「見直し」を考えると、今の保険をやめるとか、別の保険に契約し直す

どが頭に浮かぶはずです。

そうなると、「今までせっかく続けてきたのに途中でやめるのは、なんと

なく・・・」と、思う人もいますが、

保険の見直し」は今契約している生命保険のメリットはそのまま生か

して、自分のライフプランに合うようにリフォームすることも出来るのです。

<<前の5件  .. 3 4 5 6 7..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。